諏訪大社上社御柱情報
 

御柱情報TOP   諏訪大社の起源   御柱祭の起源   御柱交通情報
御柱見所情報   御柱会場図(曳行道)   御柱祭行事詳細   御騎馬行列
木遣り唄と長持唄   本宮境内と御柱位置図   前宮境内と御柱位置図   御柱祭エピソード


御柱年の禁令、その他、エピソード

諏訪大社上社前宮 諏訪大社上社本宮

御柱年の禁令・伝承文献、言い伝え等エピソード
 御柱祭が開催される年について、昔から伝えられている禁令や伝承に関わる文献や言い伝え、その他、数々のエピソードがあります。


結婚、造作、加冠などの禁令
 昔から世間一般に御柱祭りの年には結婚式をあげてはいけをいといわれておりますが、これは今日でも長野県下をはじめ山梨県の北部地方にもいい伝えられております。「この年に結婚すると7年目ごとに離縁される!」とか、「寅は千里走って千里かえる。」から結婚には良くないとか、「申(さる)は、”去る” に通じて離縁される。」とか、いろいろといい伝えられています。勿論この伝承の起りにも古い文献が遺されています。

・諏訪大明神絵詞によれば
 「サレバ彼ノ年暦(御柱年)ニ当レバ −中略− 氏人国中ノ貴賎、人屋ノ営作ヲナサズ、料材ヲ他国に出サズ −中略− 加エ首服、婚嫁ノ礼共是ヲトドム、違犯ノ者ハ必ズ神罰ヲカウムル」とある。
・また「上社物忌令」にも
 「一、御造営二元服、袴着、ヨメトリ、聟取り、屋造り、造作不可有」とあって、式年造営の御柱年には前記の婚礼や男子の元服式をあげてはいけないことに在っており、また個人の家屋の新築や改築をどすべての吉事も禁じられていたのです。
 また「信陽一之宮下諏訪宮大系図」には、個人の家の造作の一切を禁じておりますが、産屋(お産をするとき臨時に作る部屋)門、木戸は作ってもよいと記されていて、中々厳重であった様子がうかがえます。

 この意味はどういうことかと考えて見ますと、以前の御柱年は式年造営といって神社の建物全部を建てかえるので、各村々で大鳥居を受持つとか、神殿の造営を命ぜられるとかで、部落こぞって資金を出したり労力を奉仕するため、経済的にもをかなか大変であったので、この年には個人的な出費を最小限に留めることに、その本来の意味があったのではないかと思われます。神罰があたるなんてことは迷信であるといえばそれまででありますが、なかなかこの言い伝えも根強く個人の心の中にしみこんでいるのです。

 また現在の御柱祭りについても春の4月5月は諏訪大社の御柱祭、9月10月11月は各部落の神社、同族の祝神や巻(マキ)の小宮の御柱と、それこそ秋の日曜日はほとんど御柱祭りにとられてしまうため、親族知己を集めて婚礼の式をあげるのもなかなか困難な状態であることもまた事実です。


葬式の内斎
 「上杜物忌令」には、更にまた葬式も仮埋葬をするようにと記されております。すなわち「御造営ニハ人ヲ引導スルコトナシ、弓ノツルヲウチマハシテ、其ノ内ノ土ヲ堀リテ土葬シテ、次ノ年取り出シテ引導スル也」とあります。これわ当年死者を出すと忌中として、一年間自宅に忌みこもって居なければなりませんので、村をあげて行なう御造営の労力奉仕や御柱の曳行にケガレのために参加できませんので、仮埋葬をして内々にしておいたものだろうと考えられます。
 現在でも下諏訪町の萩倉部落には御柱年に死亡した人だけを葬った墓地があり、また武居の山麓にも特定の墓地がありますし、上社の地元の神宮寺、安国寺、宮田渡、高部、小町屋の各部落では旧神長官の守矢家に願い出て、弓の絃を借りて埋葬地を決めたり、または従来の自分の家の墓地以外のところに埋葬したということであります。
 また旧社家では殆んど別の墓所に埋葬しましたので二ヶ所も三ヶ所も墓地があると言われています。

御柱が倒れると不吉なことがおきる
 七年間建っているべき諏訪大社の御柱が、中途の年に倒れると何か不吉を事が起るといわれ、御柱が外側に倒れると国外に起り、内側に倒れると国内に不吉な事が起ると言われ、明治27年には外側に倒れたので日清戦争が起ったのがよい例であると言われていることを古老からも聞いています。

御柱仕度
 昔から「人を見るをら諏訪の御柱へ行け」といわれていますが、この7年に一度の信i農国をあげての大祭典に、晴着を着て遠方から集まって来る人々の群は、御柱街道にi恭って延々としてその賑いを見せていたことは、古い記録にも多く出ており、歴代の藩主とも名主を通じて節約令を出しているのであります。昔もこの御柱祭りという7年に一度の祭りに、着物の新調やその他の服装に相当無理を出費がかかっていたことがわかります。御柱にも着るが嫁入じたくの準備の一部にもあてるからという母親や娘たちの願いがかなえられて、御柱じたくの名のもとに晴着が作られていることもまた事実であります。
(本文は、昭和49年3月10日発行、御柱冊子「おん柱」を原文に作成)