INFORMATION
店舗情報
 メイ美容室は、茅野駅より南へ歩いて1分、弥生通り商店街あって、スタッフ5名で営業しています。 お髪を傷ませないことを常に考えている「こだわり」のお店です。
所在地: 長野県茅野市ちの7012 (茅野市駅前弥生通り)
пF0266-72-2004  FAX:0266-72-5273

営業時間:  午前9時〜午後7時まで
受付時間:  パーマ or ヘアカラー 5時30分
 ヘアカット6時30分まで
 同日ヘアカラー&パーマは、5時までにご入店ください。


取扱化粧品: ☆ウエラ化粧品 ☆ジュポン化粧品 ☆ミルボン化粧品
 ☆ビバニーズパドックその他

 お髪を傷ませないことを常に考えている「こだわり」のお店です。
  メイ美容室は、お髪を傷ませないことを常に考えている「こだわり」のお店です。
 だから、研究も人一倍やる。試験用の髪の毛を薬品に長時間浸し放置したり、その浸した髪の毛を引っ張ったり、顕微鏡で覗いたり、熱を加えて見たり。 新材料が入ると先生の周りは、さながら実験場である。 良いもの探しも常に発信しています。

 スタッフ紹介
 
  • 店主の名前は ”満佐雄” と書いて、[まさお]と読む。ときには、[みさお]さんいらっしゃいますか?などと呼び、お店に入って来る人がいる。
     そうした時に先生は、こんなことを言って覚えて貰うようにしている!
     万葉仮名の”ま”は、満からきていて、満の略字が平仮名の”ま”何だんよって言っています。
     カット技術は、カリスマと私は思う。たまに私の頭も切ってもらうけど、抜群にまとまりがよくなるもん!
  • 奥さんの名前は”久美子”。 もちろん”くみこ”と読む。容姿端麗? スタイル良し? 年齢の割には若く見えて骨密度が20代なんだって! 昨年、市の保健補導員をやっていたときに骨密度の検査をしてわかったんだって!
     私が、どうしてそんなに数値が良いのと聞いたら、まだ乳離れしていないので、パイパイ(牛乳のこと)を良く飲むからかな?って言っていました。
     美容全般は勿論、中でも、特にアップや着付けは長年花嫁仕度をしていた関係で最高度の技術力を持っています。 式場との契約はしていないので、積極的には花嫁造りはおこなってはいませんが、勿論お申し込みは喜んで受け付けています。
     成人式には久美子先生に予約をして、抜群のアップと着付け技術を体験して見たらいかがでしょうか!
  • 技術者 ”さち子” 私のこと。 年齢不詳! 亭主有り! そのお陰で子3人、一番上は大学生。あああ・・・年齢がばれてしまう・・・(;_;) でも、結婚が若かったので歳はその割にではないんです。ホントです。ホント!(^o^)丿
     お店の技術は何でもこなします。 ぜひ、”さち子”にと指名してね!
     また、特にインターネット通販は責任者として頑張っていますので、皆様、ご用命あれ!!!  見えないあなたのご注文をお待ちしていま〜す。
  • 技術者 ”稔” 君。読みは”みのり”ではありません。 普通に ”みのる" 君です。
     13年間、東京の大きい店で主軸となって活躍していましたが、まさお先生の「帰ってきてくれ〜」の願いを渋々聞いて帰郷、2008年4月1日からメイ美容室に入店!
     私が感心するほどカット技術は確か! 勿論、全てが東京の一流店仕込みのスーパー美容師です。
     ハサミの入れ方が先生と微妙に違って、「 おお・・・・イケ面カリスマ!!」
  • アルバイト1 「猫の手も借りたいときに働きますですョ。」
     我輩の名前は ”景勝” (かげかつ)です。男の子ですョ。
    2004/10/10から豊君に飼われました。
     ぼくは、メイ美容室の隣のケーキ屋さんの物置で生まれました。ケーキ屋さんでは飼えないので保健所へ届けるということを聞きつけた宝石店の奥さんは、「かわいそうだから」って僕たち生まれた2匹の子猫を引き取りました。
     豊さんは「いいもの見せて上げる!」という宝石屋さんの奥さんの甘い言葉に誘われて、ひょこひょこ出かけて行きました。
     そして、帰りにはこの僕をしっかり抱えて帰ってきたのです。それ以来、優しい豊君の飼い猫として、かわれることになりました。
     でも、メイ美容室の皆さんは”かげちゃん””かげちゃん”って呼んでくれて僕を大事に可愛がってくれます。名前は ”景勝”と豊君が名づけてくれましたが、まさお先生は僕を両手で手持ち上げながら顔を見て、「チャップリンがいいんじゃないの?」って言っていました。が、僕には「チャップリン」て誰だか知りません。茶色いプリンのことでしょうか? なんで「チャップリン」と言う名前が良いのか分かる方おしえてくださ〜い。 BBS投稿機能つけてないから、ご予約フォームを利用しちゃったりして!!
  • アルバイト2 「猫の手も借りたいときに働きま〜す。」
     私の名前は ”さくら” ちゃんで〜す。女の子です。
     ここ信州の寒くなった2005年12月2日の夜、くみ子先生お友達家へはお出かけしました。そして、その帰りに私を見つけてくれました。
     「お外は寒いから、早くお家にお帰りなさいね。」って言いながら、優しく頭をなでてくれました。でも、私は捨てられて帰るお家は無いし、一人で寂しいから、ちゃっかりお膝に乗ることにしました。
    そして、美容室の2階に連れて行ってもらいました。そこにはまさお先生と、バンド仲間がうるさい音楽の練習をしていて、まさお先生は私をダッコして「かるい子だね〜、まるで空気のような子だね。何も食べていないんじゃないかな〜」っていいました。お友達は「僕もここにくる時に、ついてくるからチョッと頭を撫でてきたんだよ!」っていいました。その時は暗くて分からなかったけど、ヒゲのお兄さんでした。
     そして、「飼ってもいい〜!」ってくみ子先生は聞いてくれました。「近所の飼い猫だったら困るから飼い主探しをしてからね。」ってまさお先生は答えてくれました。そして、お風呂に入れてもらって、綺麗に身体をお洗濯の後、缶に入ったお魚の美味しいご飯をいただいて、メイ美容室に泊めてもらうことなりました。
     翌日、私はくみ子先生にダッコされてご近所を色々まわりましたが、勿論みんな私のお家ではありません! そして家へ帰って、病気があると困るからって動物病院へ連れて行かれ痛い予防接種の注射をされました。これは、この家で飼ってもらうには必要なことなんだって! そうして私はここんちの子になれたのです。ヤッタ!!

     くみ子先生は、名前は私の毛色は汚いから{「さくら」って綺麗な名前にしたとお客様とおしゃべりしていました。そしたらまさお先生は「さくらの幹の色と一緒だからね〜。」っていいました。本当に失礼しちゃいますです(-_-メ)プンプン。 まあ、「ゴージャスな毛色の猫ですね〜」っていってくれるお客様もいますから! 皆さん、もう「汚い毛色」って言わないでネ・・・・お願いしま〜すm(__)m

 「メイ」どこかで聞いたことが?
 
 そうです。現ハリウッド化粧品牛山社長の実母で、昭和初期に米国へパーマ技術を学ぶために留学し、電気パーマを日本に初めて紹介した当時最も署名な美容家牛山春子先生(初代メイ先生)が母の恩師です。
 そのメイ先生(経営サロン名は、クラブ・ビューティーサロン)が重病で倒れ、愛弟子で当美容室創業者の旧姓、小川はる子に「あなたが名前を継ぎなさい。」と言いのこし亡くなりました。  
 その遺志を継ぎ、昭和14年6月に恩師の名前を用いたメイビューティサロンを西銀座5丁目4番地に開店させることができました。
 当時大流行した前髪を短くカットしてパーマをかけ前髪のカールを強調させたスタイルは母の考案で「1ヶ月で銀座中」に流行したそうです。
 その後、太平洋戦争激化した昭和19年「整備」と称し空襲被害を軽微にしようとする取り壊しにより閉店。
 再建を夢みるも昭和20年3月には、日本橋蛎殻町の住まいも空襲で罹災し、ついに故郷茅野市に疎開しました。 戦後上京することなく茅野市永住。こんな訳で初代メイ先生ゆかりの「メイ美容室」が長野県茅野市にあるのです。

          
   メイ先生                  撮影場所は婦人公論社屋内と思います。
                         後列左から2人目が母です。
 
 母は昭和19年8月まで東京都京橋区西銀座で「メイビューティサロン」を経営。先代メイ先生に最も信頼された門下生という誇りを持って経営に携わりました。
 NHK朝のドラマで有名な「吉川あぐり」先生とは、同じ頃に同じ年代で美容師として「花の銀座」で活躍していた訳です。また、「あぐり」に出てきた「婦人現代=婦人口論」で働く婦人の特集を載せることになり、座談会(上右写真)が組まれ美容師だけでなく色々な立場で活躍している女性達によるもので、出席者の中に母か写っています。
 「山野千枝子」先生のお誘いと聞いておりますので山野千枝子先生たちとご一緒の写真と思われます。

 このホームページを通じて、少しでも皆様のお役に立つよう充実させたいと思っています。たまには、このホームページにぜひお立ち寄ってみてください!

   メイ美容室 メイ寺島
   
"クラブ・ビューティーサロンまで、小川はる子の通称(呼び名)は「あき子」と言う逸話”

「あき子」という呼び名のはなし
   
 ハリウッド美容室へ入店したその日に、メイ先生から「あなたの名前は今日から[あき子]と呼ぶようにしましょうね!」 と言われたそうである。
 メイ先生の本名は、「春子」で、弟子で当美容室創業者の名前は「はる子」で、同じ名前の「はるこ」だから、あんたは「あきにしなさい」と言うことで、母の呼び名はそれ以来「あき子」になったそうです。